バイアスや不要なモチーフを除去
バイアスや不要なモチーフを除去
バイアスや不要なモチーフを除去
概要 アプリケーション ご注文 資料
概要

コンビナトリアル・アセンブリライブラリ

当社 Twist Bioscience と提携することで、当社のコンビナトリアル・アセンブリライブラリを通じて得られる大規模かつ高多様性の T 細胞受容体(TCR)、キメラ抗原受容体(CAR)、多重特異性 VHH ライブラリで、先進的な新規細胞療法の開発を行うことができます。

コンビナトリアル・アセンブリライブラリは、複数の変異ドメインのシームレスなアセンブリによって迅速に生成することができ、これにより新規および既知の変異体をハイスループットでスクリーニング・特性解析が可能となり、治療薬探索に役立ちます。

Twist Bioscience は、お客様用にカスタマイズされた、ユーザー定義の遺伝子パーツを利用して、高度に均一なコンビナトリアル・アセンブリライブラリを作製します。このライブラリを用いることで、お客様は TCR、CAR、または抗体 VHH/scFv ドメイン内のカスタム遺伝子パーツの望ましい組み合わせをスクリーニングして同定することができます。

Twist の TCR コンビナトリアル・アセンブリライブラリ 

アレイ型 TCR ライブラリ(Figure 1a)では、ユーザーが定義した α 鎖と β 鎖が互いに一意的に組み合わされ、天然のヒットレパートリーを模倣します。一方、コンビナトリアル TCR ライブラリ(Figure 1b)では、α 鎖と β 鎖が共にシャッフルされて 16 種類の組み合わせのライブラリが生成し、その結果、より多様性に富むライブラリによって、同定されるレパートリー以外の変異体空間も調査できます。

TCRライブラリ

コンビナトリアル TCR ライブラリデータ

コンビナトリアル

アレイ型 TCR ライブラリデータ

TCR の探索は、免疫細胞のレパートリーのスクリーニングと、多数の結合候補の再合成によって進められます。コンビナトリアル・アセンブリライブラリは、TCR の β 鎖と α 鎖のアレイ化およびプールの組み合わせを迅速に生成するために活用でき、ハイスループットなスクリーニングが実現します。アレイ型 TCR ライブラリでは、α 鎖と β 鎖が共にシャッフルされて生成する、より多様性に富むライブラリによって、同定されるレパートリー以外の変異体空間も取り込みます。


アレイ型データ

二本鎖 DNA 断片を精密かつユーザーが定義した通りに組み合わせた、高均一性のスクリーニングライブラリをご利用になることで、目的の組み合わせに対する網羅的なスクリーニングを効率的に行えます。

多様性に富むライブラリ
多様性に富むライブラリ
各コンビナトリアル・アセンブリは、最大 10,000 個の二本鎖DNA断片を組み合わせて構成可能
お客様のライブラリをカスタマイズ
お客様のライブラリをカスタマイズ
TCR:α 鎖や β 鎖にユーザー定義のコンビナトリアル変異を挿入
CAR:ヒンジ、膜貫通、シグナル伝達ドメインにユーザー定義のコンビナトリアル変異を挿入
高品質
高品質
平均値の 10 倍以内に 90% 超の変異体が存在する、すべて NGS で検証済みのライブラリ
ハイスループット
ハイスループット
配列中の複数のエレメントにわたって多様性を持つよう、大きなスケールで設計されたライブラリ
フレキシブル
フレキシブル
配列中の複数のエレメントにわたって多様性を持つよう、大きなスケールで設計されたライブラリ
ご不明な点はございますか?

より詳細な情報が必要な場合はお気軽にご連絡ください。当社におまかせください。

お問い合わせ

コンビナトリアル・アセンブリライブラリ

当社 Twist Bioscience と提携することで、当社のコンビナトリアル・アセンブリライブラリを通じて得られる大規模かつ高多様性の T 細胞受容体(TCR)、キメラ抗原受容体(CAR)、多重特異性 VHH ライブラリで、先進的な新規細胞療法の開発を行うことができます。

コンビナトリアル・アセンブリライブラリは、複数の変異ドメインのシームレスなアセンブリによって迅速に生成することができ、これにより新規および既知の変異体をハイスループットでスクリーニング・特性解析が可能となり、治療薬探索に役立ちます。

Twist Bioscience は、お客様用にカスタマイズされた、ユーザー定義の遺伝子パーツを利用して、高度に均一なコンビナトリアル・アセンブリライブラリを作製します。このライブラリを用いることで、お客様は TCR、CAR、または抗体 VHH/scFv ドメイン内のカスタム遺伝子パーツの望ましい組み合わせをスクリーニングして同定することができます。

Twist の TCR コンビナトリアル・アセンブリライブラリ 

アレイ型 TCR ライブラリ(Figure 1a)では、ユーザーが定義した α 鎖と β 鎖が互いに一意的に組み合わされ、天然のヒットレパートリーを模倣します。一方、コンビナトリアル TCR ライブラリ(Figure 1b)では、α 鎖と β 鎖が共にシャッフルされて 16 種類の組み合わせのライブラリが生成し、その結果、より多様性に富むライブラリによって、同定されるレパートリー以外の変異体空間も調査できます。

TCRライブラリ

コンビナトリアル TCR ライブラリデータ

コンビナトリアル

アレイ型 TCR ライブラリデータ

TCR の探索は、免疫細胞のレパートリーのスクリーニングと、多数の結合候補の再合成によって進められます。コンビナトリアル・アセンブリライブラリは、TCR の β 鎖と α 鎖のアレイ化およびプールの組み合わせを迅速に生成するために活用でき、ハイスループットなスクリーニングが実現します。アレイ型 TCR ライブラリでは、α 鎖と β 鎖が共にシャッフルされて生成する、より多様性に富むライブラリによって、同定されるレパートリー以外の変異体空間も取り込みます。


アレイ型データ

二本鎖 DNA 断片を精密かつユーザーが定義した通りに組み合わせた、高均一性のスクリーニングライブラリをご利用になることで、目的の組み合わせに対する網羅的なスクリーニングを効率的に行えます。

多様性に富むライブラリ
多様性に富むライブラリ
各コンビナトリアル・アセンブリは、最大 10,000 個の二本鎖DNA断片を組み合わせて構成可能
お客様のライブラリをカスタマイズ
お客様のライブラリをカスタマイズ
TCR:α 鎖や β 鎖にユーザー定義のコンビナトリアル変異を挿入
CAR:ヒンジ、膜貫通、シグナル伝達ドメインにユーザー定義のコンビナトリアル変異を挿入
高品質
高品質
平均値の 10 倍以内に 90% 超の変異体が存在する、すべて NGS で検証済みのライブラリ
ハイスループット
ハイスループット
配列中の複数のエレメントにわたって多様性を持つよう、大きなスケールで設計されたライブラリ
フレキシブル
フレキシブル
配列中の複数のエレメントにわたって多様性を持つよう、大きなスケールで設計されたライブラリ
ご不明な点はございますか?

より詳細な情報が必要な場合はお気軽にご連絡ください。当社におまかせください。

お問い合わせ

アプリケーション
コンビナトリアル・アセンブリライブラリを用いた T 細胞受容体(TCR)探索ワークフロー

コンビナトリアル・アセンブリライブラリは、TCR の β 鎖と α 鎖のアレイ化およびプールの組み合わせを迅速に生成するために活用でき、ハイスループットなスクリーニングや腫瘍のネオアンチゲンに対する TCR の同定を可能にします。

コンビナトリアル・アセンブリライブラリを用いた T 細胞受容体(TCR)探索ワークフロー
コンビナトリアル・アセンブリライブラリを用いたキメラ抗原受容体(CAR)ワークフロー

CAR の足場の各ドメインは、それぞれ独立して、また相乗的に CAR の機能に影響を与えます。コンビナトリアル・アセンブリライブラリは、各モジュールを微調整するためのツールとして機能し、共依存性を明らかにすることで、T 細胞特異性、抗原認識、T 細胞機能への影響をより深く理解することができます。

コンビナトリアル・アセンブリライブラリを用いたキメラ抗原受容体(CAR)ワークフロー
TCR 探索用・CAR T 開発用のカスタムかつ柔軟なライブラリの開発にあたり、 Twist Bioscience とのお取り組みを通じて期待できること:
  • あらゆる可変ドメインからなる現実的なデータセットであり、かつ遺伝子断片として精密に合成された、スクリーニングに適したコンビナトリアルライブラリ 

  • 足場のコンポーネントを容易に入れ替え、試験できる

  • サブユニットを自由にシャッフルして、正確で望ましい免疫応答を引き出す新たな配列を同定できる

  • より小さなコンポーネントライブラリの処理(CAR)と、新規ターゲットに対するスクリーニング(TCR)

  • NGS で検証済みのライブラリにより、どの変異体がスクリーニングされているかを正確に把握でき、次回以降の反復のためのライブラリ設計をより迅速に進めることが可能

TCRディスカバリーおよびCAR T開発のための柔軟なライブラリ

 

コンビナトリアル・アセンブリライブラリを用いた T 細胞受容体(TCR)探索ワークフロー

コンビナトリアル・アセンブリライブラリは、TCR の β 鎖と α 鎖のアレイ化およびプールの組み合わせを迅速に生成するために活用でき、ハイスループットなスクリーニングや腫瘍のネオアンチゲンに対する TCR の同定を可能にします。

コンビナトリアル・アセンブリライブラリを用いた T 細胞受容体(TCR)探索ワークフロー
コンビナトリアル・アセンブリライブラリを用いたキメラ抗原受容体(CAR)ワークフロー

CAR の足場の各ドメインは、それぞれ独立して、また相乗的に CAR の機能に影響を与えます。コンビナトリアル・アセンブリライブラリは、各モジュールを微調整するためのツールとして機能し、共依存性を明らかにすることで、T 細胞特異性、抗原認識、T 細胞機能への影響をより深く理解することができます。

コンビナトリアル・アセンブリライブラリを用いたキメラ抗原受容体(CAR)ワークフロー
TCR 探索用・CAR T 開発用のカスタムかつ柔軟なライブラリの開発にあたり、 Twist Bioscience とのお取り組みを通じて期待できること:
  • あらゆる可変ドメインからなる現実的なデータセットであり、かつ遺伝子断片として精密に合成された、スクリーニングに適したコンビナトリアルライブラリ 

  • 足場のコンポーネントを容易に入れ替え、試験できる

  • サブユニットを自由にシャッフルして、正確で望ましい免疫応答を引き出す新たな配列を同定できる

  • より小さなコンポーネントライブラリの処理(CAR)と、新規ターゲットに対するスクリーニング(TCR)

  • NGS で検証済みのライブラリにより、どの変異体がスクリーニングされているかを正確に把握でき、次回以降の反復のためのライブラリ設計をより迅速に進めることが可能

TCRディスカバリーおよびCAR T開発のための柔軟なライブラリ

 

ご注文

当社 Twist Bioscience の e コマース・プラットフォームにアクセスして、アカウントの新規作成、またはログインをしてください。e コマースサイトでアカウントにログイン後、「libraires」にアクセスし、「Download Combinatorial Assembly Libraries Submission Form」をクリックしてください。その後、ダウンロードした提出フォームに必要事項を記入し、設計の確認のために {{[email protected]}} までお送りください。設計を確認させていただきました後、お見積もりをお送りします。コンビナトリアル・アセンブリライブラリの価格と納期は、プロジェクトごとに異なります。

当社 Twist Bioscience の e コマース・プラットフォームにアクセスして、アカウントの新規作成、またはログインをしてください。e コマースサイトでアカウントにログイン後、「libraires」にアクセスし、「Download Combinatorial Assembly Libraries Submission Form」をクリックしてください。その後、ダウンロードした提出フォームに必要事項を記入し、設計の確認のために {{[email protected]}} までお送りください。設計を確認させていただきました後、お見積もりをお送りします。コンビナトリアル・アセンブリライブラリの価格と納期は、プロジェクトごとに異なります。

資料
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software