高品質なデータ

Twist Bioscience のシリコンベース DNA合成プラットフォームとライブラリテクノロジーは、信頼性の高いデータをより短時間で生成する高品質のライブラリを科学者に提供します。他の2つの競合技術と比較すると(図を参照)、 Twist のライブラリは設計したアミノ酸頻度からのずれが1% 未満でした。Twist のインシリコ DNA合成プラットフォームは、設計されたアミノ酸比率に正確に適合することに加え、マルチドメインライブラリに望ましい結合モチーフや長さのバリエーションをシームレスに組み込むことができるので、変異空間の網羅的分析を可能にする変異体遺伝子ライブラリを正確にデザインし、カスタマイズすることができます。

また、 Twist ライブラリでは、NNK ライブラリや TRIM ライブラリにありがちな問題や課題を回避することができます。各変異体は一塩基ごとに書き込まれ、合成前にスクリーニングされ、停止コドン、不利なモチーフ、不要な変異、望ましくないバイアスなどがすべてプロセスの最初に排除されます。その結果、要求された通り機能の点でさまざまな変異体がライブラリに濃縮され、スクリーニングの負担が軽減されます。

業界をリードし、すぐに使えて、高度に多様かつ精密に設計されたライブラリを用いることで、研究目標の達成を実現するより多くの機会を手にすることができます。

Twistテクノロジーの比較NNK vs Trimer vs Twist

優れたライブラリ

Twist は分子生物学の高度な専門性を有しており、変異体遺伝子ライブラリを精密に構築することが可能です。当社の一塩基制御アプローチにより、スクリーニングプロセスに悪影響を与えるモチーフを排除した高多様性ライブラリをご提供可能です。当社は、目的とする変異をお客様自身が決めた比率で備えた、比類のない品質かつ完全カスタマイズのライブラリをご用意します。ここではその品質を表すコンビナトリアル変異体ライブラリ (CVL) の例を示しています。7つの連続したアミノ酸についての変異体が作製され、それぞれの位置で予想通りの変異が見られ、ほぼすべてが目的とする比率になっています。

Position 1 と Position 6 では、野生型アミノ酸がそれぞれ 40%(Position 1)と 30%(Position 6)の比率になるよう設計されました。残りの 18 種のアミノ酸は、いずれも 3.3% 程度の低い割合となるよう設計されました。

Position 3 から Position 5 では、アミノ酸残基すべてが設計値、実測値とも 5.3%でした。

Twistの優れたライブラリデータ

ユーザー定義 CDR ライブラリ

Twist Bioscienceの、ユーザー定義変異体遺伝子ライブラリでは、ユニークなCDR(相補性決定領域)配列の変異体を組合せることができます。

各 CDR はコドン最適化が可能で、不要な制限酵素認識部位が含まれないようにすることができます。機械学習はすでに、抗体ライブラリの解析や、例えばより高い親和性や特異性をもたらすような特定の CDR の組み合わせを同定するためのツールとして用いられており、科学研究に不可欠な要素となっています。

Twist のシリコンベース合成プラットフォームと組み合わせることで、解析の結果生成された明確なライブラリの組み合わせを完全人工合成ライブラリにシームレスに組み込むことで、変異体空間の探索を洗練させることができます。

ユーザー定義CDRライブラリデータ

NGS により品質管理されたライブラリ

すべてのライブラリがNGSを用いて検証されているため、ネガティブデータから機能向上が見込めない変異を特定し、次のライブラリ設計の際にそれらを削除することができます。

表は、NGSを用いて合成した突然変異領域の7つの部位におけるアミノ酸頻度(%)を示しています。7つの連続したアミノ酸配列に、アミノ酸残基19個(システインは省略)を含む変異体を生成しました。こちらはNGSで得られた頻度データを表にしたもので、緑の濃淡が期待値からの逸脱を示しています。予想される変異体はすべての位置に存在し、その観測された頻度は5.3%と期待値(仕様)の25%以内でした。

NGSデータでQCされたTwistライブラリ