ボトルネックを解消し、生産性を拡大
ボトルネックを解消し、生産性を拡大
ボトルネックを解消し、生産性を拡大
概要 データ 資料
概要

ハイスループット抗体生産とは

抗体バリアントの特性解析は、低スループットでリソースを必要とするため、開発パイプラインにおいてコスト面のボトルネックとなり得ます。Twist ハイスループット抗体生産は、「遺伝子からタンパク質への」ワークフローであり、生物物理学的特性や薬物動態学的特性をスクリーニングするための数十個から数千個の多様な抗体を生産することで、このボトルネックを解消します。Twist のシリコンベースDNA合成プラットフォームは、1回の実行で何千もの遺伝子を正確に書き込むことができ、探索やスクリーニングに用いる抗体の迅速かつハイスループットな生産を可能にします。

ハイスループット
ハイスループット
数千の抗体遺伝子を同時作製
数十個から数千個の抗体まで、生産規模を柔軟に変更可能
迅速な納期
カスタマイズ可能
カスタマイズ可能
完全カスタマイズ可能な抗体配列
Twist のベクターまたはお客様の選択したベクターを使用
VHH 、scFv-Fc、および IgG のアイソタイプが利用可能
高精度
高い精度をワンストップで
DNA合成、クローニング、発現、精製のすべてをご依頼可能
NGS により遺伝子配列を確認済みの高品質な抗体を保証
プロジェクト間で一貫して安定した発現
サービス
業界トップクラスのサービス
博士レベルのスタッフによる科学的サポート
遺伝子スコアリングツールにより発現可能性を向上
一貫して透明性の高いコミュニケーション

製品仕様

  • 抗体は精製タンパク質または上清としてご提供
  • すべての主要な IgG のアイソタイプが利用可能:IgG1、IgG2、IgG4、Kappa 型および Lambda 型軽鎖、VHH-Fc(IgG1 および IgG2)
  • 15 μg ~ 2,000 μgの収量
  • HEK-293 細胞で発現させた抗体
抗体のハイスループット生産

スクリーニング用抗体の生産規模を拡大させる必要がございますか?

Twist ハイスループット抗体生産は、お客様の抗体生産パイプラインを即座に拡大させることができます。必要な抗体配列をアップロードするだけで、あとは Twist にお任せください。

ハイスループット抗体生産とは

抗体バリアントの特性解析は、低スループットでリソースを必要とするため、開発パイプラインにおいてコスト面のボトルネックとなり得ます。Twist ハイスループット抗体生産は、「遺伝子からタンパク質への」ワークフローであり、生物物理学的特性や薬物動態学的特性をスクリーニングするための数十個から数千個の多様な抗体を生産することで、このボトルネックを解消します。Twist のシリコンベースDNA合成プラットフォームは、1回の実行で何千もの遺伝子を正確に書き込むことができ、探索やスクリーニングに用いる抗体の迅速かつハイスループットな生産を可能にします。

ハイスループット
ハイスループット
数千の抗体遺伝子を同時作製
数十個から数千個の抗体まで、生産規模を柔軟に変更可能
迅速な納期
カスタマイズ可能
カスタマイズ可能
完全カスタマイズ可能な抗体配列
Twist のベクターまたはお客様の選択したベクターを使用
VHH 、scFv-Fc、および IgG のアイソタイプが利用可能
高精度
高い精度をワンストップで
DNA合成、クローニング、発現、精製のすべてをご依頼可能
NGS により遺伝子配列を確認済みの高品質な抗体を保証
プロジェクト間で一貫して安定した発現
サービス
業界トップクラスのサービス
博士レベルのスタッフによる科学的サポート
遺伝子スコアリングツールにより発現可能性を向上
一貫して透明性の高いコミュニケーション

製品仕様

  • 抗体は精製タンパク質または上清としてご提供
  • すべての主要な IgG のアイソタイプが利用可能:IgG1、IgG2、IgG4、Kappa 型および Lambda 型軽鎖、VHH-Fc(IgG1 および IgG2)
  • 15 μg ~ 2,000 μgの収量
  • HEK-293 細胞で発現させた抗体
抗体のハイスループット生産

スクリーニング用抗体の生産規模を拡大させる必要がございますか?

Twist ハイスループット抗体生産は、お客様の抗体生産パイプラインを即座に拡大させることができます。必要な抗体配列をアップロードするだけで、あとは Twist にお任せください。

データ
抗体のスクリーニングを加速させます。Twist にお任せください。

抗体開発のパイプラインにおいて、バイオパニングから抗体の特性解析に移行する際に、以下のようなボトルネックを経験することがよくあります。ファージディスプレイやシングル B 細胞シーケンシングといったハイスループット技術は、高親和性抗体の候補を数百から数千個同定することを可能にしています。それらのヒット化合物をさらに研究するためには、完全長の抗体として発現させる必要がありますが、そのプロセスは多くの場合、低スループットで多大なリソースを必要とし、研究を進める上で大きな障害となっています。

Twist ハイスループット抗体生産は、自動化 DNA合成と抗体生産における Twist の専門性が活かされており、抗体のスクリーニングや発見を目的として数千種類の異なる抗体を同時に生産することで、このボトルネックを解消します。さらなる研究のための候補を特定するのに十分な 15 μg ~ 2,000 μg の量の抗体をハイスループットで生産することで、 Twist は高価な価格設定をすることなく高品質な生産物をご提供します。Twist は業界の主力である HEK-293 一過性発現系を使用しており、安定して再現性の高い、スケーラブルな収量を実現しています。発現収量は抗体配列によって異なり得るため、 Twist ではトランスフェクションやタンパク質生産が正しく機能していることを確信できるようにするために、コントロール配列から得られる結果を使用・報告しています。

ワークフロー
安定した収量

以下に示すのは、Twist ハイスループット抗体生産による1ヶ月間の典型的なタンパク質収量を示す箱ひげ図です。簡単に説明すると、コントロール抗体は、重鎖と軽鎖をコードする2つのクローン遺伝子の一過性トランスフェクションを行うことにより、HEK-293 細胞で組換え発現させたものです。トランスフェクション後、細胞を4日間培養し、短時間でスピンダウンした後、上清をタンパク質精製カラム Protein A/G にデカンテーションし、その後 A280 の定量を行いました。このデータは、 Twist ハイスループット抗体生産のワークフローから期待できる品質を浮き彫りにしています。

サンプルサイズ
高純度の抗体ストック

すぐに実験ができるように、精製抗体の品質管理(QC)には、キャピラリー電気泳動(CE-SDS)アッセイによる A280 の定量、サイズ(kDa)および純度パーセント分析が含まれています。QC に合格した抗体については、バッファー交換や容量の正規化を要求されない限り、出荷準備に入ります。

以下に示すのは、 Twist ハイスループット抗体生産ワークフローで得られた典型的な QC 結果です。図 A の明確なピークと図 B の明確なバンドは、抗体ストック内のすべてが同様のサイズと電荷を持つことを示しています。67 kD のピークは抗体の重鎖のセグメントを、29 kD のピークは軽鎖のセグメントを表しています。

Protein Express LabChip の標準プロトコルに従って、サイズおよび純度解析用の変性試料を調製します。キャピラリー電気泳動(CE-SDS)アッセイを実施し、SDS-PAGE ゲルのようなラダーを基準としたサイズ分析データを収集し、おおよその分子量(kDa)と、重鎖と軽鎖両方の純度を算出します。

高純度
抗体のスクリーニングを加速させます。Twist にお任せください。

抗体開発のパイプラインにおいて、バイオパニングから抗体の特性解析に移行する際に、以下のようなボトルネックを経験することがよくあります。ファージディスプレイやシングル B 細胞シーケンシングといったハイスループット技術は、高親和性抗体の候補を数百から数千個同定することを可能にしています。それらのヒット化合物をさらに研究するためには、完全長の抗体として発現させる必要がありますが、そのプロセスは多くの場合、低スループットで多大なリソースを必要とし、研究を進める上で大きな障害となっています。

Twist ハイスループット抗体生産は、自動化 DNA合成と抗体生産における Twist の専門性が活かされており、抗体のスクリーニングや発見を目的として数千種類の異なる抗体を同時に生産することで、このボトルネックを解消します。さらなる研究のための候補を特定するのに十分な 15 μg ~ 2,000 μg の量の抗体をハイスループットで生産することで、 Twist は高価な価格設定をすることなく高品質な生産物をご提供します。Twist は業界の主力である HEK-293 一過性発現系を使用しており、安定して再現性の高い、スケーラブルな収量を実現しています。発現収量は抗体配列によって異なり得るため、 Twist ではトランスフェクションやタンパク質生産が正しく機能していることを確信できるようにするために、コントロール配列から得られる結果を使用・報告しています。

ワークフロー
安定した収量

以下に示すのは、Twist ハイスループット抗体生産による1ヶ月間の典型的なタンパク質収量を示す箱ひげ図です。簡単に説明すると、コントロール抗体は、重鎖と軽鎖をコードする2つのクローン遺伝子の一過性トランスフェクションを行うことにより、HEK-293 細胞で組換え発現させたものです。トランスフェクション後、細胞を4日間培養し、短時間でスピンダウンした後、上清をタンパク質精製カラム Protein A/G にデカンテーションし、その後 A280 の定量を行いました。このデータは、 Twist ハイスループット抗体生産のワークフローから期待できる品質を浮き彫りにしています。

サンプルサイズ
高純度の抗体ストック

すぐに実験ができるように、精製抗体の品質管理(QC)には、キャピラリー電気泳動(CE-SDS)アッセイによる A280 の定量、サイズ(kDa)および純度パーセント分析が含まれています。QC に合格した抗体については、バッファー交換や容量の正規化を要求されない限り、出荷準備に入ります。

以下に示すのは、 Twist ハイスループット抗体生産ワークフローで得られた典型的な QC 結果です。図 A の明確なピークと図 B の明確なバンドは、抗体ストック内のすべてが同様のサイズと電荷を持つことを示しています。67 kD のピークは抗体の重鎖のセグメントを、29 kD のピークは軽鎖のセグメントを表しています。

Protein Express LabChip の標準プロトコルに従って、サイズおよび純度解析用の変性試料を調製します。キャピラリー電気泳動(CE-SDS)アッセイを実施し、SDS-PAGE ゲルのようなラダーを基準としたサイズ分析データを収集し、おおよその分子量(kDa)と、重鎖と軽鎖両方の純度を算出します。

高純度
資料