がんがどのように進行していくのかを理解することは、予後予測や新しい治療法の発見に不可欠です。画像診断や腫瘍生検などのツールは有意義な知見を与えてくれますが、それは病気がかなり進行した場合のみです。血液から採取した微小残存病変(MRD)検査は、低侵襲性かつ高感度の、新しいがん再発モニタリングの方法を切り開きます。

詳細はこちら

カスタマイズ時間の節約

設計から出荷まで6日。重要な観察に使う時間的余裕を確保

がんに対する洞察を深める

パネルあたり最大 500 のターゲットをカバーし、個々のがんに対する理解を深める

シーケンシングコストの節約

費用対効果の高いターゲットパネルにより、複数の時点で個別化されたターゲットのシーケンシングすべてが可能

待ち時間のかからないカスタマイズ

待ち時間のかからないカスタマイズ

血液中の腫瘍分画を正確に評価するためには、適時に検査することが必要です。Twist MRD Rapid 500 パネルでは、目的のターゲットを最短6日で設計・製造・出荷することが可能です。現在では、フルカスタマイズされたパネルがどなたでもご利用可能になっています。

優れたカバレッジ

幅広いターゲットに対する優れたカバレッジ

Twist MRD Rapid 500 パネルは、 Twist の優れたハイブリッドキャプチャシステムにより、関心のあるすべてのターゲットに対して最も均一なカバレッジを実現します。これにより、低レベルでもより優れたバリアント検出が可能になります。

 

妥協のない「広さ」と「深さ」

Twist MRD Rapid 500 パネルは、1検査あたり最大 500 個のバリアントを対象とし、1パネルあたり 12 の検査を行います。次世代シーケンシングの力と Twist のパネルデザインの効率性を組み合わせることで、各 Rapid 500 パネルテストはシーケンシングコストを増やさずに、より多くの情報を提供できます。

あらゆる検査に対応する合理的なワークフロー

Twist MRD Rapid 500 パネルには、 Twist が確立したライブラリ調製とターゲットエンリッチメントのプロトコルが活用されています。個別化されたターゲットを同定するために全エクソームシーケンスを行うにせよ、疾患モニタリングのために MRD パネルを実施するにせよ、すべてのサンプルを信頼性の高い同じワークフローで調製することが可能です。

長期的な検査に対応した、手頃な価格の NGS ソリューション 

Twist MRD Rapid 500 パネルは、すべてのターゲット領域でカバレッジの均一性を最大化し、オーバーシーケンスの必要性を抑えるようにカスタム設計されています。Twist の高度にスケーラブルな合成プラットフォームにより実現された Twist MRD Rapid 500 パネルにより、手頃な価格で個別化されたシーケンシングを行うことが可能です。

Twist のオンコロジーソリューションの詳細はこちら