迅速な治療薬の開発で病気の治療を促進する

合成生物学と分子生物学の進歩により、バイオ医薬品と呼ばれる治療用タンパク質の発見と最適化が加速されています。

DD-LP-ワークフロー

抗体開発の効率化

バイオ医薬品は、自己免疫疾患、代謝性疾患、神経疾患、感染症、癌など、幅広い疾患の治療に用いられる重要なクラスの医薬品です。Twist Bioscienceの一部門であるTwist Biopharmaは、当社の専門家チームと精密なライブラリ技術を活用し、生物学的創薬のために焦点を絞ったファージディスプレイライブラリを構築しています。

詳細はこちら

革新的な技術

革新的な技術

DNA合成のハイスループットは、バイオ医薬品創薬領域における開発と最適化の取り組みを急速に拡大させる土台となっています。Twist Bioscience独自のDNAライティング技術により、比類なき多様性と精度で数百万個のDNAオリゴヌクレオチドを同時に合成し、画期的なスループットと品質を実現します。

抗体作製用ライブラリ


このオリゴプールが、当社の合成タンパク質ライブラリ技術を支えています。研究者は、新しいバイオ医薬品候補の発見と最適化のために、当社のSSVLとCVLを使用しています。
 

詳細はこちら

ターゲット同定のためのオリゴプール


産業界の研究者は、当社のオリゴプールを利用して、標的の同定と検証のためのハイスループット機能ゲノミクススクリーニングを強化しています。




 

詳細はこちら

包括的なバイオ医薬品プログラムのためのパートナーシップ


Twist Biopharmaは、当社のライブラリ技術を使って、焦点を絞ったファージディスプレイライブラリを構築しています。何度も結合選択を行うことで、高親和性クローンを濃縮し、抗体探索最適化サービスの基礎となっています。
 


詳細はこちら

ハイスループット機能スクリーニングによる創薬ターゲットの同定

ハイスループット機能スクリーニングによる創薬ターゲットの同定

Twistのオリゴプールは、合成ライブラリ合成の基盤を形成しています。 Twistのオリゴプールは、合成ライブラリ合成の基盤となる一方で、新しい創薬標的を同定するためのハイスループットスクリーニングにも使用されています。例えば、ハイスループットなペプチド探索スクリーニングや、CRISPR、FISHのようなハイスループットな機能的ゲノムスクリーニングなどです。PhoreMost社のBenedict Cross博士が、SITESEEKERプラットフォームでTwistのロングオリゴを使用して、どのように新しい薬剤標的を発見しているか、その方法をお聞きします。

今すぐ閲覧する

がんを標的とするAffibodyの治療効果を向上させるために

がんを標的とするAffibodyの治療効果を向上させるために

KTH王立工科大学とウプサラ大学の研究者が、TwistのCombinatorial Variant Libraries(CVL)を使用して、VEGFR2をターゲットにした既発見affibody分子を開発している様子をご覧ください。これらは血管形成プロセスの基礎生物学的研究や癌や黄斑変性症を含むいくつかの疾患治療をターゲットとする可能性もあります。

続きを読む

包括的な創薬ガイド

包括的な創薬ガイド

ターゲットから分子まで、どのような工程を経るのか、もっと詳しく知りたいですか?Twist Biopharmaは、あなたの挑戦を応援します。

このプロセスは長く、多くの企業は最初の特許出願からFDAの承認までに約12年を要しています。数年にわたる道のりに圧倒されるかもしれませんが、この包括的な「抗体探索・開発ガイド」にあるように、短期的な目標やマイルストーンに分割することができます。

電子書籍をダウンロードする

お客様の声はこちら
Twist は、私たちのプロジェクトに必要な量と質の DNA を迅速に提供できる唯一の人工 DNA プロバイダーです。同社とは、合成遺伝子や抗体のベンダーとしてだけでなく、バイオファーマとしての能力も活用し、関係を拡大しています。それにより、当社の抗体創製の取り組みを補完することができると考えています。
Robert Carnahan, Ph.D.
Vanderbilt Vaccine Center(ヴァンダービルトワクチンセンター)副所長

お問い合わせはこちらから